橋爪・馬原樋門周辺

 


橋爪・馬原樋門周辺の状況


 7月28日に橋爪樋門にて、高島市などの主催によってボランティアがオオバナミズキンバエやホテイアオイなどの外来水生植物の除去作業を行った。

 前方中央の植物に混ざってオオバナミズキンバエが繁殖していたが、群落状になっていないため、7~8mも離れると その存在を認めることが難しい。

 


 除去してブルーシート用に並べられたホテイアオイとオオバナミズキンバイ。 生えている状態では繁茂量は少ないと思えたが、以外と量があった。

説 明

・この調査研究は、平和堂財団による平成30年度の「夏原グラント助成金を受けて実施したものである。